引越しにかかる費用の相場

引越しにかかる費用の相場

引越しは、現在の物件を引き払うためのお金(水光熱費など)+新しい物件を契約するためのお金(初期費用)+引越しに関するお金と様々な費用が発生してきます。
単純にお金がかかるものであるため、少しでも費用を安くしたいと考えるのは当然です。
そこで、もっとも簡単に削減が出来るものが「引越し費用」です。
引越し費用は相場によって表されることも多く、ほとんどの業者が相場に近い展開で料金を変化させています。
繁忙期(主に3月・4月など)は一般的に高く、閑散期は比較的安くなるという動きが相場の基本になります。
つまり、引越し時期を自分で決めることが出来る状況であれば、出来るだけ閑散期を選ぶことで低い相場で業者を利用することができます。
また、更に安く抑えたいと言う場合にはしっかりと「交渉」を行う事が大切です。
いくら位なら契約する・その金額なら他を探すなどの駆け引きを行う事で、相場に対して更に安い料金で業者を利用する事も可能です。

できるだけスムーズに安く引越す方法について

人生において結婚や転勤など、引越をする機会は何度かあるものです。引越は労力も使う上にお金もかかってきますが、ちょっとした工夫によって賢くスムーズにそして安く済ませる方法もあるものです。
まず業者に頼む際には、何軒かの業者に見積もりをしてもらって、価格を比べるようにしましょう。同じ物量でも業者によって料金はだいぶ変わってくることがあります。見積もりの際は短時間にしてもらうことで、強引な営業をされずに済みます。また物量が少ないと料金も安くなるので、近場に越すときには小さな荷物や運べるものは自分たちで運ぶようにすると良いでしょう。大きな家具や重い電化製品などだけ業者に頼むようにすると、かなり物量が減って料金も安くなります。
さらに業者によっては、仏滅などの縁起が良くないとされる日や平日は、料金が安くなる場合もあります。時間を指定しないフリー便などと呼ばれるプランにすることで、割引サービスを受けられることもあるので、そういった割引プランも上手に活用すると良いでしょう。春先やゴールデンウイークなどの繁忙期は、業者も多忙でこちらの融通も聞いてもらえなくなりがちなので、避けるほうが無難でしょう。シーズンオフの時期が良いです。
そのほかに、引越後の新居の挨拶ハガキも、一年の後半の場合には年賀状にて報告すると、印刷代やハガキ代も要らず、またいろいろな手間も少なくて済みます。片付けも疲れが出ないようにゆっくりとしましょう。

check

格安のチラシ印刷。全国対応で送料無料
http://pripri.info/
ヴィンテージショップ
http://www.hedy.jp/
銀座の縮毛矯正できる店
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000241600/
自由が丘 まつげエクステ
http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000272152/
表参道のお洒落なインテリアの美容室
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000191958/

最終更新日:2014/10/31


▲上に戻る